2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.08 (Mon)

週末 -結局その2人はくっつきました-

翌、土曜日のお話。

夜からお食事会(合コンが飲み会に変わり、お食事会に変わりました)だったのですが。
まぁ、そこでもちょこちょこお酒を飲み。

そこは早々に切り上げて地元に戻ってきた後、
22歳のメンズと3人で飲みに行くとゆー話で。
知り合いお店に行こうと「今から行くよ」と電話したら、なんとお休み!!
ってことで。その人を呼び出し、4人で飲みに行くことに。
居酒屋で飲んでたところ、他の所で飲んでた35歳組が合流し(笑)
そんな感じでわいわいやってたところ。

如月の友達が潰れました。(大大ジョッキを抱えながら)

それはもう凄まじい潰れっぷり。
(後で聞いたら、机に突っ伏してからの記憶ないんだって)

まぁ、22歳のメンズが居たので、その子に介抱は任せっきりだったのですが。
なんつーか・・・もうその2人はくっつきそうな予感がするわけよ。
付き合うか付き合わないか微妙!!!みたいな距離感で。
むしろ距離的には付き合ってるカップルより近いんだけど(笑)

そんだけベロベロに酔っ払えるって事は、それだけ一緒にいて安心してるんだなって。
若干羨ましかった。
この22歳のメンズもめっちゃいぃ子なんですよ!
絶対将来いい男になるなって。(顔は格好よくないんだけどね)

潰れちゃった友達が気持ち悪いってトイレでリバースしても、
ずーっと背中擦って「大丈夫だよー」って。
「偉いねー」って言ったら、「大事ですからね。」っつってノロケ???
「もー、羨ましいんですけどもーーー!!!」って叫んできました(笑)

で。この後、事件が勃発。
リバースした友達の口をゆすいであげようと思って。
洗面所で水を掬って口まで運んであげてたんですけど。

指輪とか時計とか濡れるから、外して22歳のメンズのポッケに突っ込んでおいたんです。
したらさー。
席戻って携帯出した瞬間。

「あ、指輪どっかいっちゃった」

っつって。紛失されましてー。
座ってる椅子の辺りに多分あるんですよ。
それはわかってるんだけど、如何せん、友達がグロッキーなもので探すに探せず。
「帰りに探そう」って話になったんだけど、もうそれどこじゃないですよね。
だってさー、それ。いーちゃんにクリスマスプレゼントに貰ったんだよーって。
5万円もしたらしいよー。って。

如月、テンション急降下。



周りに「いいじゃん、忘れろってことだよ」とか、「いいチャンスじゃん」とか言われて。
珍しく、本気でムカつきました。何も知らないくせに口出ししないで、と。

何も知らない他人に「忘れちゃえ」とか言われる筋合いないと思いません?
そんな簡単に忘れられるなら恋愛してないって。
少なくとも、如月はそんな恋愛してないし。

もし誰かが失恋してたら、この先
「大丈夫だよ、もっといい人できるよ」とか言うのは絶対にやめようと思いました。
「早く忘れて次いきな」とかも絶対言うのやめようと思いました。
如月は、言われれば言われるほど傷ついたから。
そんな言葉欠片も求めてないし、って思ったし(笑)

あ。そいで。結局指輪は見つかったんですよ。
もう驚くほど簡単に。

もし、いーちゃんから貰った指輪をつけなくなったとしても。
「なくなったからつけられない」ってゆーのは嫌だから。
「自分で自分の気持ちに決着つけられたから、つけない」って。
如月はそうしたいんです。

って。まだまだ全然、気持ちに決着つけられてないね(笑)
11:01  |  日常  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●その言葉、

私も散々言われました(;_;)
長い人生、確かにそうなるのかもしれないけど、
あくまでそれは結果論で、
「今」が苦しい私たちは傷つくだけですよね。
私も自分は絶対言わないぞと心に決めました。

私もなんだかんだで、毎日彼さんを思い出して、毎日恋しくなるときがあります。
みついちご |  2008.12.09(火) 10:59 | URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。